アイルランドの食品メーカー/音声認識システムで生産性6割向上

2012年06月04日 

ヴォコレクトは6月4日、アイルランドの食品メーカーであるグランビアで、音声中心型物流ソリューション「Vocollect Voice」導入により、60%を超える生産性と正確性の向上を達成したと発表した。

音声ソリューションの導入により、入庫作業や格納場所の変更などにおいて飛躍的に業務効率が改善されたほか、返品による返金請求件数が45%減少し、それに伴う費用も削減された。

車両への積荷や降荷プロセスにも音声を活用し、ハンズフリー、アイズフリーの特性によって、作業員は手を休めて画面を確認したり、ボタンを押したりすることなく、音声で指示を聞きながら積荷を正確な場所まで移動することが可能になった。

積荷業務スピードが確保されたことにより、グランビアの倉庫一棟の1 時間当りの処理能力が160ケースから260ケースにまで改善された。合わせてピッキングの生産性は、1倉庫当り60%~95%の範囲で改善され正確性は75%向上した。

今回の導入に関して、グランビアのサプライチェーン担当マネジャーであるジョン・ミー氏は「『Vocollect Voice』の導入による改善でもたらされた最も大きなメリットは、顧客からの信頼性が大きく向上したこと。今ではいつでも、受注と出荷履歴のレポートを迅速に作成でき、注文の品が、間違いなく、時間通りに到着できるようになった。音声ソリューションの導入なしでは、当社の今日の成功はありえなかったと言えるでしょう」と述べている。

最新ニュース