リコー/インドにサーマル事業の現地法人設立

2012年05月29日 

リコーは5月29日、インドのムンバイに100%子会社としてサーマルメディア関連事業を行うRicoh Thermal Media Asia Pacific Private Limitedを設立し、6月1日より熱転写リボンのスリット加工、インド国内での自社販売網による熱転写リボンと感熱紙の販売を開始すると発表した。

まず熱転写リボンのスリット加工を開始し、早い段階でインドの拠点を中心として顧客密着の生産・販売体制を確立することで、インド市場でのサーマルメディア事業の売上を3年間で10倍にすることを目指す。

食品、物流、生産管理等さまざまな用途に必要なだけに、高品質で提供できるリコーの熱転写リボンと感熱紙の需要はインド国内で今後大きく伸びていくものと期待している。

■新会社の概要
名称:Ricoh Thermal Media Asia Pacific Private Limited
本社所在地:1201, Building No.12 Solitaire Corporate Park,
Andheri Ghatkoar Link Road,
Andheri East, Mumbai – 400093 Maharashtra, India
操業開始:2012年6月1日 (設立登記は2011年12月20日)
資本金:4999万インドルピー
事業内容:インドにおける熱転写リボンのスリット(加工)
感熱紙/熱転写リボンのマーケティング・販売からスタート
従業員数:(設立初年度)12人

最新ニュース

物流用語集