オリックス不動産/春日部市に大型物流拠点整備

2012年05月29日 

オリックス不動産は、埼玉県春日部市に「岩槻ロジスティクスセンター」を着工すると発表した。

<岩槻ロジスティクスセンター>

岩槻ロジスティクスセンターは、敷地面積1万7936.05㎡、地上4階建て、延床面積3万1471.67㎡の規模で、2013年4月末竣工を予定している。

1階・2階にトラックバースを備えており、2階へはスロープで直接アクセスできる。荷物用エレベーター4基を完備し、さらなるエレベーターの増設や垂直搬送機の設置が可能で汎用性の高い仕様としている。

東北道「岩槻IC」から 4.5kmに位置しており、国道16号線に面して立地。東北道や国道16号線を経由し首都圏全域をカバーできる物流好適地の希少な施設。また、東武野田線「豊春駅」からも 1.4 kmと徒歩圏内であり、従業員の確保にも適した立地となっている。

施設面では、1階バースに28台、2階バースに27台の大型車の接車が可能。また、13.5mの専有車路に加え、約8mの隣地共有通路が利用可能で、スムーズな搬入が可能となる。

1・3階、2・4階での分割賃貸、建物全体を縦に分割した分割賃貸、等さまざまなニーズに合わせた区画での賃貸が可能となっており、最小賃貸面積は1階ワンフロアでの約2500坪からを予定している。

なお、敷地は市街化調整区域内だが、適法な開発により、倉庫業法に基づく営業倉庫登録も可能で、24時間運営できる。さらに、昨年の震災を受けて、315KVA の非常用発電機の導入を計画。非常時も荷物用エレベーターの稼動や、照明の使用を約27時間連続で継続させることができ、物流機能の停滞回避が可能となる。

■物件概要
名称:岩槻ロジスティクスセンター
所在地:埼玉県春日部市増戸 820-他
交通手段:東北自動車道「岩槻 IC」から約4.5km
     東武野田線「豊春」駅から約1.4km
敷地面積:1万7936.05㎡
賃貸面積:2万8405.18㎡
規模・構造:鉄骨造4階建
その他:床加重 1.5t/㎡、梁下有効高 5.5m(一部除く)
竣工時期:2013年4月末(予定)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集