三菱電機/資材調達改善

2012年05月21日 

三菱電機は5月21日に発表した経営戦略で、経営体質強化として、生産構造改革の推進、資材調達改善を掲げた。

生産構造改革の推進では、Just In Time改善活動の深化・拡大によるQCDの向上、キーパーツ内製化推進、ソフトウェア・ハードウェア生産力強化、マザー工場(日本)と海外拠点間の連携強化、物流JIT活動推進等を行う。

資材調達改善では、RΣ21活動の推進として、原価企画・活動の更なる強化(鉄鋼・非鉄地金など素材VEの拡大、先端部品・高機能部品の採用等)、グローバル調達の全体最適化(海外調達拡大、海外拠点の調達力向上、等)、サプライヤーの選択と集中(サプライヤーの階層分け、事業戦略に直結したパートナーシップ強化等)を進める。

グリーン調達活動によるライフサイクルコストの最小化(部品の小型軽量化、省電力化への対応等)、グリーン調達活動によるライフサイクルコストの最小化(部品の小型軽量化、省電力化への対応等)を図る。

最新ニュース

物流用語集