三菱ふそう/新型キャンター エコ ハイブリッド発売

2012年05月18日 

三菱ふそうトラック・バスは5月18日、小型ハイブリッドトラックの新型「キャンター エコ ハイブリッド」を5年10カ月ぶりにフルモデルチェンジして、発売した。

<新型キャンター エコ ハイブリッド特別仕様車>

2010年にフルモデルチェンジした小型ディーゼルトラック「キャンター」をベース車として開発。

新たにデュアルクラッチ式トランスミッション“DUONIC”と“ハイブリッドシステム”を組み合わせた世界初の「ハイブリッド用モーター内蔵デュアルクラッチ式トランスミッション」を搭載。

エネルギー効率の高い、高性能のラミネートタイプのリチウムイオン電池を新たに採用し、ハイブリッドシステムの効率向上と小型軽量化をMFTBC内にあるダイムラートラック部門のハイブリッド開発センター“グローバル・ハイブリッド・センター”にて開発。

排気量3リットルの“4P10クリーンディーゼルエンジン”と、クリーンな排出ガスに大きく寄与する排出ガス後処理装置“BlueTecシステム”と組み合わせることで、世界で最も厳しいとされるポスト新長期排出ガス規制(2010年規制)に適合するだけでなく、さらに全車で低排出ガス認定車(NOx、PM10%低減レベル)と九都県市指定低公害車で2009年「超」も取得している。

全車で2015年度重量車燃費基準を20%以上オーバー達成し、クラストップの低燃費(12.8km/L)を実現し、本年度からの「エコカー減税」では自動車重量税と取得税が免税される、最も低燃費でクリーンな小型トラックとなっている。

国内販売目標台数は、2000台/年。

なお、台数・車種限定で、5年間のフルメンテナンスリース(FUSO VALUE)を月々5万5000円(消費税別)の価格で提供する。

対象は、日本国内在住の個人・法人の顧客で、台数は先着100台(車種限定)、平ボデー、標準キャブ、積載2トン(他車種設定あり)となっている。

最新ニュース

物流用語集