製・配・販連携協議会/イトーヨーカ堂、キリン、国分の社長が登壇

2012年05月16日 

製・配・販連携協議会は5月25日、総会とフォーラムを開催し、返品削減、配送最適化、デジタルインフラ検討の3つのワーキンググループから活動成果を報告する。

「流通の未来と製・配・販連携」をテーマにパネルディスカッションを製配販を代表する経営トップより実施する。

■開催概要
日時:5月25日(金)15:00~18:20
場所:飯野ビルイイノホール&カンファレンスセンター 4階イイノホール
東京都千代田区内幸町2-1-1
http://www.iino.co.jp/hall/access.html
参加費:1名3万円(税込)
参加対象者:
・消費財流通に関わる製・配・販各企業の社長・会長・CEO、役員・部門長クラス、本社スタッフ、物流企画、営業企画、営業部等
・業界団体関係者
・システムベンダー、3PL、コンサルティングファーム、マスコミ、他関係者
主催:財団法人流通経済研究所、一般財団法人流通システム開発センター

詳細・申し込みは下記URLを参照。
http://www.dsri.jp/forum/pro.html

■プログラム
15:00~ 来賓・主催者挨拶

15:20~
2011年度の製・配・販連携協議会の活動概要報告
流通経済研究所 
専務理事 加藤弘貴

15:30~
返品削減ワーキンググループ活動成果報告
「加工食品・日用雑貨における返品削減の具体的方策について」
イトーヨーカ堂 
執行役員物流部長 飯原正浩氏

15:50~
配送最適化ワーキンググループ活動成果報告
「納品トラック待機時間の実態と改善方策について」
日本アクセス 
常務執行役員 ロジスティクス管掌補佐
兼ロジスティクス本部長 中井忍氏

16:10~
デジタル・インフラ検討ワーキンググループ活動成果報告
「製・配・販の効果的情報連携とデジタル・インフラの方向性について」
ライオン
LOCOS推進部長 平岡真一郎氏

16:40~18:10
製・配・販経営トップによるパネルディスカッション
テーマ:「流通の未来と製・配・販連携」
製配販を代表する経営トップより、流通の未来と製配販連携のあり方について、意見を伺う。
(1)流通の将来展望と自社の使命について
(2)WGの成果を踏まえた製配販連携の課題について
(3)ITの活用と流通の効率化について

登壇者
(パネリスト)
キリンビール 代表取締役社長  磯崎 功典氏
ライオン 代表取締役社長  濱 逸夫氏
国分 代表取締役会長兼社長 國分 勘兵衛氏
Paltac 代表取締役社長  折目 光司氏
アークス 代表取締役社長 横山 清氏
イトーヨーカ堂 代表取締役社長 亀井 淳 氏

モデレーター
明治大学大学院教授/流通経済研究所 
理事長 上原 征彦

製・配・販連携協議会の概要・活動
http://www.dsri.jp/forum/index.html

■問い合わせ
財団法人流通経済研究所 
担当:石川、池田、東(あづま)
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21山脇ビル10階
TEL:03-5213-4531

一般財団法人流通システム開発センター 
担当:上田、斎藤
〒107-0052 東京都港区赤坂7-3-37 プラース・カナダ3階
TEL:03-5414-8515

最新ニュース

物流用語集