SBSHD/1~3月の売上高12.7%増、営業利益5億3000万円

2012年05月08日 

SBSホールディングスが5月8日に発表した2012年12月期第1四半期の業績は、売上高309億7900万円(前年同期比12.7%増)、営業利益5億3000万円(前年同期は3900万円の営業利益)、経常利益6億9100万円(5500万円の経常損失)、当期利益5億6300万円(5億5200万円の当期損失)となった。

物流事業は、東日本大震災による物量低下影響が解消したことや前連結会計年度にグループ入りした日本レコードセンターとAtlas Logistics Pvtの2社の業績が加わったことに加えて、毎年需要が落ち込む第1四半期に食品関係の荷動きが活発になったことなどにより堅調に推移した。

この結果、売上高は、288億1000万円(13.9%増)となった。営業利益は、1億8700万円(前年同期は営業損失2億5200万円)となった。

売上高の増加、不採算業務の改善のほか、前年同四半期にあった震災影響やセンター立ち上げなどによるコスト負担がなくなったことによるもの。

通期は、売上高1270億円(4.8%増)、営業利益29億円(33.2%増)、経常利益24億円(45.2%増)、当期利益18億円(28.6%減)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集