三谷産業/ベトナム北部に拠点に新設

2012年04月24日 

三谷産業は4月24日、ベトナム北部での化成品事業の拡大を図るため、現地法人が拠点を新設すると発表した。

新たにハノイ近郊のハイズン省ダイアン工業団地で新工場を建設し、ハイフォン港に隣接したディンブー工業団地に輸入基礎化学品の受入ポイントとしてタンク基地を建設することとした。

今後は、北部拠点を活用し、日系企業を中心に基礎化学品の安定供給に努めることで、3年後のAMCE全体の売上高を2011年度実績の約 2.5 倍まで増加させる計画。

■新工場の概要
所在地:ベトナム社会主義共和国ハイズン省ダイアン工業団地
敷地面積:2万200㎡
延床面積:2410㎡
設備投資額:3億9000万円
主要設備:硫酸希釈装置、硫酸・塩酸・苛性ソーダ・アンモニアタンク
稼働年月:2012年12月
従業員数:12名(日本人1名、現地社員11名)

■新タンク基地の概要
所在地:ベトナム社会主義共和国ハイフォン市ディンブー工業団地
敷地面積:20,000 ㎡
設備投資額:2億1000万円
主要設備:苛性ソーダタンク
稼働年月:2013年1月
従業員数:7名(全て現地社員)

最新ニュース

物流用語集