ハングリード/多店舗在庫管理システムがCROOZのモールに対応

2012年03月14日 

ハングリードは3月13日、多店舗在庫管理システムzaiko Robotに、CROOZが運営するショッピングモール「CROOZMALL」への対応したと発表した。

zaiko Robotは、8種のモール(B2C、B2B)、20種のカート(独自ドメイン本店システム)、8種のビジネスアプリ(POS、WMS、販売管理など)と在庫連動する。

複数のネットショップ、ネットショップが単店でも実店舗とも在庫を一元管理でき、売り逃しや売り越しを防止し、結果的に売上を押し上げる働きをする。

CROOZMALLは、約700万人の女性が利用するケータイブログサイト「CROOZblog」、ファッション&音楽イベント「Girls Award」行っているショッピングモール。

CROOZMALLの購入者のうち、スマートフォンユーザーは約30%と多く他のモールではリーチすることができなかった顧客層へのアプローチが可能となる。

CROOZMALLへ出店する際は、楽天市場の商品データCSVをインポートでき、出店に伴う商品登録の手間がなくなり、容易に出店できるという大きな特長がある。

■zaiko Robot
http://www.zaiko-robot.com/

■CROOZMALL
http://croozmall.com/

問い合わせ先
ハングリード
TEL:03-6659-5303
sales@hunglead.com

最新ニュース

物流用語集