日本ロジスティクスファンド/8~1月の運用、営業利益2.6%減

2012年03月05日 

日本ロジスティクスファンド投資法人が3月5日、2012年1月期(2011年8月~2012年1月)の運用状況を発表し、営業収益55億6100万円(前期比0.6%増)、営業利益28億7700万円(2.6%減)、経常利益25億9600万円(2.7%減)、当期利益25億9500万円(9.7%増)となった。

1月31日現在で28物件(取得総額1432億4000万円)の不動産を運用し、資産額は1447億5900万円となっている。

震災による特別損失を前期に全額計上し、震災後にテナントが入居した物件が通期で稼働したため、増益となった。拠点集約による一部テナントの退去があったが、稼働率は98.4%と高い水準。

なお、有利子負債総額は372億円で、有利子負債率は27.6%。投資口1口あたりの分配金は1万7538円。

次期(2012年2月~7月)は、営業収益56億1100万円(0.9%増)、営業利益28億7200万円(0.2%減)、経常利益25億7700万円(0.7%減)、当期利益25億7600万円(0.7%減)を見込んでいる。

最新ニュース