ポーラ・オルビスグループ/物流拠点を兵庫県西宮市に開設

2012年02月22日 

ポーラ・オルビスグループのオルビスは2月21日、配送サービスの強化と効率化のため物流拠点「オルビス西日本流通センター」を兵庫県西宮市に開設し、稼働した。

オルビス西日本流通センターは、西日本では初の自社センターで、最先端のITデジタル技術とこれまでに構築したノウハウをベースとした新たな集荷・梱包・検品システムを構築している。

関東に3拠点ある流通センターは、年内に埼玉県の騎西流通センター1か所に集約することで東西2拠点体制となり、効率化と震災などによるリスク分散を図る。

西日本流通センター開設による効果として、顧客サービスの向上、物流コストダウン、業容拡大への対応、庫内作業効率化、大災害時のリスク分散を挙げている。

物流コストダウンでは、拠点集約による固定費のダウン、西日本地域での商品配送費ダウン、デジタル化による帳票出力費ダウン(年間50トンの紙使用量削減による環境負荷低減)としている。

■オルビス西日本流通センター概要
所在地:兵庫県西宮市山口町阪神流通センター2-2
流通サービス西宮北物流センター内
延床面積:1900坪
構造・規模:耐火建築物 地上6階建て(倉庫部3層)
交通:中国自動車道 西宮北ICより約1Km

最新ニュース