JR貨物/1月の車扱貨物輸送量、石油需要が高まり6.7%増

2012年02月16日 

日本貨物鉄道が2月16日に発表した1月の輸送動向によると、コンテナ貨物の輸送実績は150万3000トン(前年同月比1.8%減)、車扱は112万5000トン(6.7%増)となった。

車扱貨物は、気温が低めに推移したことから石油需要が高まり増送となり、12月中旬以降灯油の出荷が旺盛で、年始に42本の臨時石油列車を運転した。セメント・石灰石はメーカーの定期修理時期が変更となり増えた。

最新ニュース

物流用語集