日本オラクル/グローバル企業向け輸出入規制管理アプリケーションを発表

2012年02月15日 

日本オラクルは2月15日、輸出入規制管理アプリケーション「Oracle Global Trade Management」を提供開始する。

「Oracle Global Trade Management」は、オラクルのERP製品「Oracle E-Business Suite」の一製品。グローバル企業の貿易管理室および輸出入管理部門の貿易取引に関する管理業務を支援する機能を提供して業務の自動化、効率化を行い、さらには法令遵守を実現する。

従来貿易や輸出入管理部門が表計算ソフトや紙で管理していた各国の輸出規制や貿易品目などのデータを業務システムの中に取り込み、管理する。

また管理された貿易品目と輸出規制の情報をもとに、製品の設計、受注や出荷時に規制違反がないかの判定をシステムで自動的に行い、確認漏れや規制違反を最小限に抑える。

品目にHTS(関税分類番号)、ECCN(輸出規制品目分類番号)など複数の貿易品目分類を紐付けして管理することができる。規制品目判定に必要な品目項目、原産国や部品リストを併せて登録することが可能。

国別、地域別や企業別など、複数管轄区域の規制ルールを一元管理することができる。仕出国(地)、仕向国(地)の組み合わせを考慮し、該当する各種規制を判断する。

外為法で義務付けられている外国ユーザーリスト、米国法で規定されているDPLに加えて、企業独自で維持、管理している懸念顧客リスト等、複数の懸念顧客リストを管理する。

最新ニュース