センコー/研修施設で関西大学社会安全学部が実習授業

2012年02月15日 

センコーは2月20日、交通安全研修施設「クレフィール湖東」で、関西大学・社会安全学部の2年生を対象とした必修科目「社会安全体験実習」を受け入れ、2月20日から実習授業がスタートする。

<クレフィール湖東 全景>

この実習授業は、関西大学・社会安全学部の重要な科目の一つで、「社会安全問題に関する問題意識や現実感覚を養うために、学外施設を利用して体験学習を行う社会安全体験実習」として行われるもの。

同学部は2010年4月に設置された新しい学部で、今回の実習授業は2年生の必修科目に指定されている。

2011年度の授業は274名の学生が受講する予定で、2012年2月20日から25日まで行われ、来年度以降も定期開催する。

実習授業にあたっては、クレフィール湖東のインストラクターが講師となり、学生自らが走行コースを運転して、自動車の特性や挙動、夜間走行時の危険などを体感し、学ぶ。

学生は、実習を通じて机上の知識を学ぶだけでなく、実際に危険な状況を模擬体験することで、危険や危機の感受性向上と、危険予知能力を養うことができる。

最新ニュース