ヤマトシステム開発/国内外のIT資産を一元管理できるクラウド型サービス提供

2012年02月08日 

ヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発(以下:YSD)は2月8日、業務用パソコンやタブレット端末、ソフトウェアといったIT資産の管理を支援するPCライフサイクルサービスに、クラウド型サービスPCLC-WEBを追加し、提供を開始した。

<PCLC-WEB概要図>

国内外に点在する大量のIT資産の利用状況などについて、いつでも最新情報を正確に把握できるようになる。

PCLC-WEBは、どのIT資産を、誰がいつから使用していて、どのようなソフトウェアがインストールされているかなど、いつでも最新状況を閲覧できる特徴を持つ。

情報入力は、機器調達、キッティング、廃棄などの作業完了報告としてYSDが行う。顧客企業による台帳入力/更新の手間を省ける上に、入力ミスやモレが減るため、情報精度が高まる。

そのほか、コンプライアンス遵守とコスト削減をサポート、ワークフロー機能で、業務効率化、手続き迅速化、宅急便の荷物お問い合わせシステムと連携といった特徴も併せ持つ。

販売価格は「PCLC-WEB」基本料金 月額10万円~(単体利用の場合)で、2013年3月までに30社の導入を目指す。販売代理店経由での販路拡大も予定している。

問い合わせ
ヤマトシステム開発
PCライフサイクル事業部
担当:湊(みなと)・村山
TEL:03-6333-0220
https://www.nekonet.co.jp/inquiry/pclc_inquiry_entry.php

最新ニュース

物流用語集