日清製粉/100億円投じ、福岡市に最新鋭工場建設、自動倉庫併設

2012年02月02日 

日清製粉は2月2日、本年5月、福岡市中央区の須崎埠頭に新しい製粉工場の建設に着手すると発表した。

福岡工場は2ラインの最新鋭製造設備を有し、ローコストオペレーション体制により将来の自由化された市場においても勝ち残っていく競争力を実現する。

また最新の技術・ノウハウを活用するとともに、製品の安心・安全レベル及び建物の耐震強度を十分に確保し、さらに環境面にも万全の配慮をしている。

2014年2月福岡工場の完工とともに、内陸部の鳥栖工場(佐賀県鳥栖市)と筑後工場(福岡県筑後市)を閉鎖することで、臨海大型工場への生産集約による生産性向上を実現し、九州地区に安定的・効率的な小麦粉の供給を行っていく。

■建設計画の概要
工場名:日清製粉福岡工場
総工費:約100億円
設備能力:
1日当たり小麦挽砕能力550トン(2ライン)
小麦粉サイロ収容力5000トン
立体自動倉庫収容力21万袋(5250トン)
着工:2012年5月
完工:2014年2月

最新ニュース

物流用語集