JILS/グリーン物流基礎コース、2月14日から開催

2012年01月16日 

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は2月14日、15日、3月7日の3日間、第9回グリーン物流基礎コースを東京で開催する。

同コースでは、環境負荷低減とコスト削減の両立を念頭におきながら、物流・ロジスティクス分野における環境負荷低減施策の基礎知識の中で、「輸配送」「梱包・包装」「静脈物流・廃棄物削減・3R回収再資源化」のそれぞれの観点について、理論と事例の両面から体系的に学ぶことができる。

各単元終了後に出題される「課題レポート」は、講義で習得した事項を自社・自業務にどのように活用できるかという視点でまとめる内容であり、作成したレポートそのものを上司や関連部門に対する業務改善提案や新規提案として活用することも可能。

コースを修了者には「修了証」を授与する。修了証を持つ方は、協会が主催するグリーンロジスティクス管理士資格認定講座を優待料金で受講できる。

■開催概要
日程:2月14日(火)、15日(水)、3月7日(水)
場所:アクセス渋谷フォーラム(2月14・15日)、タイム24ビル(3月7日)
定員:50名
参加料:協会会員84,000円/1名(税込)、会員外99,750円/1名(税込)
「ロジスティクス経営士」「物流技術管理士」「国際物流管理士」「物流現場改善士」有資格者は優待料金67,200円/1名(税込)

対象:物流・ロジスティクス分野における環境負荷低減施策の基本的な知識を身につけたいに係長、主任、スタッフと物流効率化やコスト削減に取り組んでいる業務部門や営業部門の担当者。

※特定の単元のみ参加できる「単元聴講制度」もある。

■詳細プログラム・過去3か年受講企業一覧・申し込み方法等は下記URLを参照。
http://www.logistics.or.jp/education/course.html
http://jils.force.com/servlet/servlet.FileDownload?file=00P10000004ibd7EAA

■問い合わせ
日本ロジスティクスシステム協会
人材教育部
TEL.03-5484-4021
education@logistics.or.jp

最新ニュース

物流用語集