NEC/鉄鋼業界向けSCMソリューションを提供

2011年12月13日 

NECは12月13日、鉄鋼業界のサプライチェーンでの在庫削減、在庫効率化、納期改革、操業を効率化する「鉄鋼業界向けSCMソリューション」の提供を開始した。

<鉄鋼SCMソリューションの構成>
20111213nec.jpg

このソリューションは、鉄鋼業界向けSCMシステムの開発・販売でグローバルに実績のあるJDA、同分野でヨーロッパを中心として実績のあるLOGISのパッケージを採用している。

最大の特長は、本社の事業計画から製鉄所の製造計画まで、鉄鋼業界のサプライチェーン関連領域全てを網羅していること。

NECは鉄鋼メーカ向けに、JDA、LOGISのパッケージを組み合わせ、既存システムとの連携や移行を図るコンサル・SI提供を行う。また、既存のERPシステムとの上位連携も可能となっている。

従来、大手製鉄所では、汎用コンピュータの個別SIによるシステムが製鉄所ごと、また業務ごとに、長年にわたり多数稼働しており、これらの保守メンテサービスも複雑化していた。

このような環境の下、小ロット・短納期・安定品質・低コスト、納期遵守を同時に実現する、柔軟で合理的な仕組み作りが必要となっており、同業界の特性を取り入れたSCMソリューションへのニーズが高まっていた。「鉄鋼業界向けSCMソリューション」は、このようなニーズに応えるために鉄鋼業界向けSCM分野のトータルソリューションとして製品化したもの。

NECは、鉄鋼業界向けにJDA、LOGISと共同セミナーの開催を企画している。また、同業界のノウハウを備えたコンサル・SE要員を拡充していくなど、鉄鋼業界向けソリューションの提供体制を順次強化しており、今後、各社の高炉製鉄所、電炉工場に対して3年間で30システム以上の導入を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集