佐川留学生奨学財団/東南アジアからの私費留学生に奨学生採用証書を授与

2011年11月28日 

佐川留学生奨学財団は11月28日、2011年度の奨学生(第26期生)を決定したと発表した。

<第26期奨学生と栗和田榮一理事長(中央)>
20111128sagawar.jpg

採用されたのは、国公私立各大学の学長より推薦を受けた東南アジア各国の私費留学生113名の応募から、厳正な審査を経て16名が奨学生として採用された。なお奨学生には奨学金月額10万円が2年間支給される。

これに伴い11月26日に「2011年度佐川奨学生採用証書授与式・交流会」を開催した。

授与式には16名の奨学生(学部生9名、大学院生7名)全員が出席。奨学生を代表してマレーシアからの留学生である、テオシューインさん(神戸大学大学院修士課程1年次)が「強い意志を持って夢に向かって日々努力を重ねたい」と挨拶した。

佐川留学生奨学財団は今年度までの実績として、採用奨学生410名、総額9億1830万円(今年度末)の奨学金を支給している。

最新ニュース