日本郵船/比のグループ会社が船員の雇用斡旋・配乗で認証受ける

2011年11月25日 

日本郵船は11月25日、グループのNYKフィル・シップマネジメント(NYK-FIL)が、日本海事協会から船員の募集と職業紹介機関として認証を受けたと発表した。

これは、2006年海上労働条約(Maritime Labour Convention,2006)第1.4基準の要件に適合したもので、認証を受けたことでNYK-FILが秩序ある適切な方法で運営されていることが公的に認められたことになる。

日本海事協会がマンニング業務で認証をするのは今回が初めてとなる。なお、マンニング業務とは船員の雇用斡旋・配乗を行う業務のこと。

NYK-FILは、今後も第三者機関の客観的な評価を受けることで、業務水準の向上に努める。

最新ニュース

物流用語集