SBSロジテム/超小型電気自動車による配送実証実験に参加

2011年11月14日 

SBSロジテムは11月14日、東京都千代田区が2011年10月から2012年2月にかけて実施する超小型電気自動車による配送実証実験にモニター企業として参加していると発表した。

<今回使用する電気自動車は「トヨタ コムス」。 1人乗りの超小型タイプで、最高速は50km/h>
20111114sbs1.jpg

<1回の充電で約45km走行できる。荷室は後部に2段。積載量は30kgまで>
20111114sbs2.jpg

同社が担当する実証実験は11月7日から12月4日までの約1か月間。貸与された超小型電気自動車を業務に使用して、積載量・荷室の大きさ・スロープ走行のパワーなどの車両性能、移動距離・配送時間・個数などの変化、駐車スペースの変化と管理費、秋葉原地区にある同社サテライトで使用している電動自転車との比較など、数多くのデータ収集を行う。

千代田区は、近年再開発による大型ビルの開業などにより物流量の増大が続いている。一方、物流事業者は効率や環境面からトラックから自転車やリヤカーなどへ転換する動きがみられる。

しかし、違法な歩道上での荷捌きが増えるなどまちづくりの課題となっており、当実証実験はこの解決手段として超小型電気自動車による実配送を検証するもの、としている。

最新ニュース