ヤクルト/アメリカでヤクルトを生産

2011年11月02日 

ヤクルトは11月2日、アメリカヤクルトによる米国で初めての乳酸菌飲料「ヤクルト」生産工場について、2012年夏の着工へ向け準備を整えたと発表した。

建設計画は2010年6月に発表されているが、その後生産能力・設備計画の見直しを行ったこと、申請中の開発許可とその後の工事許可の取得にかかる期間を考慮したことにより、工事着工は、2012年夏となったもの。

現在、米国では、メキシコの工場で生産された「ヤクルト」を輸入販売しているが、米国内での新工場建設により、今後の販売数量拡大に備える、としている。

■新工場の概要
工場の名称:アメリカヤクルトカリフォルニア工場(仮称)
所在地:カリフォルニア州オレンジ郡ファンテンバレー市
面積:約3万5980㎡
着工:2012年夏予定
生産開始:2013年秋予定
生産品目:「ヤクルト」
生産能力:初期は40万本/日(最終的には95万本/日を予定)
製品供給地域:現在の販売地域(カリフォルニア州、ネバダ州、アリゾナ州、テキサス州、コロラド州、ニューメキシコ州)とし、順次拡大

最新ニュース

物流用語集