ニチレイ/4~9月の低温物流事業は売上高6.6%増、営業利益6.1%減

2011年11月01日 

ニチレイが11月1日に発表した2012年3月期第2四半期決算によると、低温物流事業では売上高748億1200万円(前年同期比6.6%増)、営業利益36億5400万円(6.1%減)だった。

これは、震災の影響により東北地区での取扱物量が減少したものの、その他の地域において物流ネットワーク事業と地域保管事業の売上げが順調に推移したことや、欧州地域の主力商材の在庫量が増加したことなどにより増収となった。

一方、地域保管事業の新設物流センターの減価償却費負担や、震災の影響による一時的なコストの増加などにより減益となった。

海外では欧州地域で、輸入果汁の取扱いが高水準で推移し、チキン商材の在庫量も増加するなど回復基調に転じるとともに、前年度に買収したフランス低温物流事業会社の効果もあり、ユーロ安を吸収し増収増益だった。

中国(上海)では、コンビニエンスストア店舗配送業務が堅調に推移した。

最新ニュース