日本郵船/新船型2船目竣工、鉄鉱石輸送に従事

2011年11月01日 

日本郵船は11月1日、25万重量トン型鉱石船「Wugang Innovation」が、10月28日に竣工したと発表した。

大型鉱石船の中では新船型となる25万重量トン型の通称「WOZMAX注」の第2船で、喫水制限のある西豪州の港に入港できる最大船型となる。

同船は、同社が武漢鋼鉄集団と締結した初めての長期専用船契約に基づく投入船で、今後20年間に渡り、主に豪州・アフリカから中国向けの鉄鉱石輸送に従事する。

■本船概要
全長:330.0m
全幅:57.0m
計画満載喫水:18.00m
総トン数:132,466トン
載貨重量トン数:250,868トン
造船所:名村造船所

最新ニュース