ラサール、三菱地所/相模原市に延床21万㎡のマルチテナント型大型物流施設

2011年10月24日 

ラサール インベストメント マネージメント インク(以下:ラサール)と三菱地所は10月24日、神奈川県相模原市にマルチテナント型大型物流施設「(仮称)ロジポート相模原」を共同開発すると発表した。

2012年夏着工、2013年秋竣工を予定している。

ロジポート相模原は、ラサールと三菱地所が共同出資する特定目的会社が建築主となり、相模原市中央区の約9.4ha(約2万8500坪)の敷地に、地上5階建て延床面積約21万㎡(予定)ものマルチテナント型大型物流施設を開発する。

計画予定地は、首都圏西部の人口集積地に至近で、主要幹線である国道16 号線、国道129 号線への高いアクセス性を備えた物流適地。

また、東名高速・中央道だけでなく、2012年度開通予定の圏央道(仮称)相模原ICが利用可能となることで、首都圏と東海・関西圏との結節点となるだけでなく、首都圏広域もカバーする物流拠点となる。

■施設概要
所在地:神奈川県相模原市中央区田名
敷地面積:9万4197.27㎡
延床面積:約21万㎡(予定)
構造:地上5階建(予定)
用途:マルチテナント型物流倉庫(予定)
複数テナントによる分割利用が可能。

最新ニュース