日野自動車/「レンジャー ハイブリッド」をポスト新長期排出ガス規制対応

2011年10月19日 

日野自動車は11月1日、中型ハイブリッドトラック「日野レンジャー ハイブリッド」を改良し、2010年(ポスト新長期)排出ガス規制に適合させて発売する。

<新型日野レンジャー ハイブリッド>
20111019hino.jpg

新型はディーゼルエンジンと電気モーターの2つの動力源を持ち、通常走行時はディーゼルエンジンで走行、減速・制動時には発電機を兼ねる電気モーターで減速エネルギーを回生しバッテリーに蓄電、発進・加速時にはモーターがエンジンをアシストするパラレル式ハイブリッドシステムを備えたトラック。

通常は熱として大気中に放出している減速エネルギーを回生・利用することにより燃費を向上させCO2の排出量低減が可能になった。新型「日野レンジャー ハイブリッド」の重量車モード燃費値は8.2km/Lで、相当するディーゼル車の7.4km/Lに対し約11%向上している。

今回の改良では、既に日野レンジャーのディーゼルエンジン車で採用し実績のある日野のクリーンディーゼルシステム「AIR LOOP(エア ループ)」の採用により2010年(ポスト新長期)排出ガス規制に適合させた。

東京地区希望小売価格は代表車型(SJG-FC9JJAH)で967万7325円(消費税込)。国内販売目標台数は200台/年。

最新ニュース

物流用語集