パスコ/倉庫レイアウトの効率化シミュレーション販売

2011年10月17日 

パスコは10月17日、倉庫作業の生産性を視覚的・数値的に把握できるソリューション「LogisPICK’s!(ロジスピックス)」の販売を開始した。

<「LogisPICK’s!」の利用イメージ>(※画像をクリックすると拡大します)
20111017pasco.jpg

LogisPICK’s!は、倉庫内の図面を背景にレイアウトを簡単に入力し、ピッキングの動線をシミュレーションすることで、レイアウトや商品配置を変更すればどれくらい効率化が図れるかを視覚的・数値的に把握でき、倉庫作業の生産性向上を支援する。

倉庫・物流センターは、商品の多品種・少量・短サイクル化や季節的な出荷波動などに伴い、倉庫内の作業は環境の変化に柔軟な対応力が求められていた。

このため、日通総合研究所が日本通運と共に倉庫管理に関する豊富な課題解決技術を活用して、倉庫レイアウトのシミュレーションには欠かせない高精度な経路探索技術を持つパスコが開発したソリューション。

システムでは、倉庫レイアウトを作成し、ピッキングの動線をシミュレーションすることで、移動距離・時間を計算できる。

複数のレイアウト案を作成し、それぞれ最適なピッキング順を計算することで、移動距離・時間からレイアウト案を定量的に評価でき、状況に即した適切なレイアウトの作成を支援する。

簡単な操作で、短期間に複数の検討案を作成し、改善効果を検討でき、シミュレーション計算により、短時間で当日の作業量を見える化し、PDCAの推進・管理精度向上・業務改善を可能としている。

さらに、簡単なレイアウト作成や高速な移動経路の計算で、レイアウトのシミュレーション作業が効率的に行える。

■「LogisPICK’s!」
http://www.pasco.co.jp/products/management_deal/logistics/logis_picks/

問い合わせ
パスコ
システム事業部第一営業部
TEL:03-3715-1880

最新ニュース