日本郵船/輸送中のCO2排出量をオンラインで確認可能に

2011年10月17日 

日本郵船は10月17日、郵船ロジスティクスの協力を得て、コンテナ船貨物と国際航空貨物の輸送中に排出する二酸化炭素(CO2)の概算を算出するツール「NYK GROUP CO2 e-calculator」を開発、グループ各社のホームページに公開した。

<システムイメージ図>
20111017nyk.jpg

これまで顧客からの輸送中の環境負荷データ、特にCO2排出量の照会に対しては、個別に対応し、顧客へ案内していた。

一方で、カーボンフットプリントの考えが定着して来ている昨今、特に海外での一般的な問い合わせが増している現状や他社のこれまでの取り組みも考慮し、「NYK GROUP CO2 e-calculator」を英語版で開発した。これにより、グローバルな対応が可能となった。

このe-calculatorをホームページ上で公開することにより、貨物の輸送中のカーボン・フットプリントの考えをより広くユーザーに知ってもらい、具体的なCO2排出量の概算も知ってもらう機会を提供。また、CO2排出量など算出した結果のデータをダウンロードできる機能も備えている。

■NYK GROUP CO2 e-calculator
http://www.nykgroup-e-calculator.com/

最新ニュース