エスフーズ/物流体制の合理化を継続

2011年10月11日 

エスフーズは10月11日に発表した2012年2月期第2四半期決算で、デフレ環境に対応した効率的で安定的なグループ活動を目指し努力したとしている。

川上・川中領域では製品開発と販売促進のルートを一元化し、川下領域では、営業店舗の活性化、物流体制の合理化とプライベート商品の開発などグループ内シナジー効果の活用を継続した。

関連記事

最新ニュース