伊藤忠商事/インドに物流会社設立、インド全域をカバー

2011年10月06日 

伊藤忠商事と伊藤忠ロジスティクスは10月6日、インドの物流会社パレック社と合弁で物流事業会社 を設立すると発表した。

<合弁会社のインド全域拠点>
20111006itochu.jpg

11月を目処に合弁会社を設立し、営業開始は12月頃の予定。インド全域(53都市、230拠点)で、生活消費財、家電、機械部品関連の分野を中心に、高品質の総合物流を展開していく。

伊藤忠グループはパレック社との業務提携の下、2009年よりインドにおいて約2年間にわたり物流ビジネスを展開し、インド国内の物流や商習慣に対するノウハウを蓄積してきた。

今後、インド経済成長のスピード、流通の自由化、急増する日系企業の進出に対し、輸出入からインド国内までの一貫物流、日本式の高品質な物流サービスを提供すべく、インド全土で物流事業を展開しているパレック社との合弁会社の設立を決定したもの。

新会社は、パレック社のネットワークを活用することで、インド全域(53都市、230拠点)に拠点を展開する初の日系物流会社となり、全国配送網によるジャスト・イン・タイムサービスを提供していく。

伊藤忠グループの持つ日本式のきめ細やかな物流サービスと合せて、生活消費財・家電・機械部品関連を中心に、製品の全国配送、原材料・部品の調達物流、機械設備の輸送据付、輸出入と連動した一貫輸送サービス等の総合物流事業を展開する。

伊藤忠グループの海外現地物流事業としては、既に中国で全土をカバーする物流ネットワークを展開しており(63都市、センター面積75万㎡以上)、これは中国で展開する日系企業の物流ビジネスで最大級の規模。

今後は、インド物流網と伊藤忠グループの日本と中国全土の物流網を、伊藤忠ロジスティクスの国際物流ネットワークで結びつけることで、アジア事業展開を進める顧客企業に対して、アジア全域をカバーするサプライチェーンを提供する。

■合弁会社概要
会社名:I & P Integrated Services Private Limited
本社所在地:Gurgaon, Haryana州
資本金:2億インドルピー(約4億円)
株主構成:伊藤忠グループ(伊藤忠商事、伊藤忠ロジスティクス、ITOCHU India Pvt. Ltd.) 50%、Pパレック社50%

最新ニュース

物流用語集