横浜ゴム/スポーツ事業の基幹システム刷新、生産・販売・物流一元管理

2011年10月04日 

SCSKは10月4日、横浜ゴムがスポーツ事業で次期基幹業務システムとしてERPパッケージ「ProActiveE2」を採用したと発表した。

横浜ゴムとプロギアが展開するスポーツ事業での組立工場、物流倉庫を含む8拠点にて共通利用でき、貿易管理を含む販売管理から会計までをカバーする新しい基幹業務システムとして導入を決めた。

採用のポイントは、販売管理に加え、貿易管理機能や組立・加工業務、修理品・販促品管理も標準機能でカバーしており、横浜ゴムの業務要件を満たす機能を有し、業務効率の改善による省力化が可能。

一元管理された販売管理や管理会計データを事業別・商品別などのセグメント別にリアルタイムに把握でき、タイムリーな経営情報の提供による迅速な意思決定を実現できる。

EOSやEDI等の周辺システムとのデータ連携は、EAIツールを利用した汎用的な仕組みの採用により追加開発が不要となり、今後の法改正などにもパッケージのバージョンアップで容易に追随でき、環境変化に強いシステム基盤を構築できる。

横浜ゴムでは「既存システムでは一元管理されず、様々なシステムが稼動しているため、更なる業務の省力化には限界を感じていた。新基幹システムの稼動によって、受発注業務のシームレスな連携を実現するなど、業務の省力化を実現する」と述べている。

問い合わせ
SCSK
ProActive事業部
TEL:03-5166-1760

最新ニュース