エプソン販売、コニカミノルタ/関東・甲信越で共同配送

2011年10月03日 

エプソン販売とコニカミノルタビジネスソリューションズは10月3日、環境配慮への取り組みとして、CO2排出量の削減と物流業務の効率化を目指し、物流に関する包括的協業を開始すると発表した。

両社は10月より関東・甲信越エリアで、設置作業を含めたビジネス市場向け商品(エプソン:レーザープリンター・複合機・大判インクジェットプリンター、コニカミノルタ:複合機)の共同配送を開始する。

この取り組みにより、年間のCO2排出量を約50t削減することが可能となり、順次実施エリアを拡大し、さらにCO2排出量を削減すると同時に、高品質な納品・設置作業を通じて、顧客の満足度向上につなげる。

なお、両社は消耗資材の配送・回収の共同化を、今年7月よりレーザープリンターや複合機などの使用済みトナーカートリッジの共同回収を段階的に開始している。

最新ニュース

物流用語集