日本郵船/中国・河南省の2中学校に寄付

2011年09月29日 

日本郵船は9月29日、中国の河南省洛陽市の農村地域にある王坪郵船中日友好希望中学と尋村日郵一中に学生食堂用のステンレス製テーブル21台や学生宿舎用の2段ベッド20台などを寄付したと発表した。

<王坪郵船中日友好希望中学の生徒たち>
20110929nyk1.jpg

<寄贈された2段ベッド>
20110929nyk2.jpg

これらの中学校は、同社が2001年と2004年に「希望工程」活動のもと校舎新設資金を寄付し建設されたもので、1000人の生徒が通っている。卒業生の中には同社が支援する上海海事大学に設置した船員を養成するNYK特別クラスに入学した生徒もいる。

同社は定期的に両校を訪れ学校や生徒のニーズを聞き、教室の机の交換や辞書の提供などタイムリーな支援を行ってきた。同社としても、困難を抱える地域などへの教育支援は社会的責任を果たす上で非常に重要な活動であり、今後も積極的に支援を続けていく、としている。

最新ニュース