新日鉄、住友金属/来年10月に経営統合、年1500億円コスト削減

2011年09月22日 

新日本製鐵と住友金属工業は9月22日、来年10月1日に経営統合することで合意した。

合併後の商号は、新日鐵住金で本店を東京都千代田区に置く。

総合力世界No.1の鉄鋼メーカーの早期実現を目標に、両社の海外製造拠点の再編と強化と検討中の新規プロジェクトの集約と人材の集中投入により、世界の鉄鋼需要の増大と日系ユーザーの現地調達ニーズに対応して、高級鋼を中心に幅広い品種をグローバルに供給できる体制を構築する。

中国、東南アジア、ブラジル、インド等の新興諸国などにおいて、展開中の製造・加工・営業拠点の再編と拡充、海外での製造販売拠点の強化と新設(アジア地域、米州地域等)を進める。

得意品種の組合せ・相互補完による顧客ニーズへの総合提案力・サービス力の向上を進め、グローバル生産規模としては6,000~7,000万トンを目指して、海外事業展開の更なる加速化する。

経営統合後3年程度を目途に、年率1500億円規模の統合効果の実現を目指し、今後、更に上積みに努力し、定常コスト削減に従来以上に注力し、グローバル競争を勝ち抜くコスト競争力の構築を図る。

操業・製造技術のベストプラクティス共有化によるコストダウン、製造工程一貫での生産効率化、製造ライン毎の最適分担による生産性向上、製鉄所間での連携強化を図る。

原料調達・輸送の効率向上、設備仕様の共通化等による設備費・修繕費・資材費の削減、重複資産の圧縮を進める。

最新ニュース