日本コールドネット協議会/鮮度管理セミナーでイトーヨーカ堂講演

2011年09月09日 

日本コールドネット協議会は10月19日、「食の安全を守りぬけ!」をテーマに鮮度管理セミナーを開催する。

ゲスト講師にはイトーヨーカ堂のQC室 食品担当の伊藤正史氏が、東日本大震災後の食品業界が抱える食の安心安全について特別講演する。

■開催概要
日時:10月19日(水)13:00~17:00時(セミナー終了後、情報交換会開催 17:30~19:00時)
会場:メルパルクYOKOHAMA
横浜市中区山下町16 
http://www.mielparque.jp/ykh/access.htm
定員:50名
参加費:1名3000円(税込)、情報交換会は別途1名3000円(税込)
主催:日本コールドネット協議会

詳細、申込みは下記URLを参照。
http://jcn.gr.jp/20111019_yokohama_seminar.pdf

■プログラム
13:00~15:00
“食の安心安全をどう考えるか?”
「いまだからこそ訴える – 品質管理への提言」
震災後の今、何を売り、何を食べるべきか ?
肉は、魚は、野菜は、米は ?
震災で分かったスーパーとコンビニの重要性
イトーヨーカ堂 
QC室 食品担当 
伊藤正史氏 

15:00~17:00
“サプライチェーンは止まらない”
「F&E理論による鮮度管理と物流システム」
震災直後も途絶えなかったサプライチェーン
こんな時はJCN方式の鮮度管理
熱量計算でエコ・ロジスティクス
物流コンサルタント 藤田真氏

17:30~19:00
情報交換会(名刺交換会)

問い合わせ
日本コールドネット協議会
東京都港区南麻布5-2-37 1F
TEL:03-5475-6565
JCN@pa97.com
http://www.jcn.gr.jp

最新ニュース