日本郵船/教員の民間企業研修で海運や物流を現場で体感

2011年09月01日 

日本郵船は9月1日、経済広報センターと協力し、同センター主催の「教員の民間企業研修」で、東京都の日野市教育委員会から小・中学校教員11名を受け入れた、と発表した。

<研修を受けた小・中学校の教員>
20110901nyk.jpg

研修受け入れは、今年で17回目。研修プログラムは、学校の夏休み期間を利用して原則3日間、教員に企業活動、環境問題への取り組みなどについて理解を促進する目的で開催されており、同社の企業活動の体験や人材育成などの企業研修体験を子どもたちに伝え、今後の学校運営に活かしてもらうことを狙いとして実施されたもの。

8月23日から25日の3日間にわたり実施された研修では、会社事業概要紹介、人材育成に関する紹介など座学での説明にとどまらず、不定期船業務を体感するグループワーク、物流事業について議論するなど参加者が出来るだけ積極的に参加しやすいプログラムとした。

なお、参加した教員からは、「変化するものへの高い対応力」「チームワークと創意工夫の大切さ」に教員として共感できる部分が多かった。「今後の仕事の取り組み、子供との関わりを考える上で意義深かった」などの意見が寄せられた。

最新ニュース