伊藤忠商事/中国の繊維大手企業と資本提携

2011年08月31日 

伊藤忠商事と伊藤忠(中国)は8月31日、中国の繊維大手企業グループである山東如意科技集団(以下:如意)の株式を30%取得することで合意したと発表した。

如意は、国営毛紡績工場として設立され、2001年に民営化し、紡績・染色加工・服装の生産、綿・その他紡績原料の買付・加工・販売と事業展開しており、川上分野からバリューチェーンを川中、川下に広げて成長を続けている。

伊藤忠商事と如意は、1990年代に豪州原毛の取引を開始し、2000年代に入ると如意の得意とする高級毛織服地の対日・対米取引を行うなど、長年にわたり良好な関係を築いた。

今後、如意の持つ生産基盤を活用し川上事業のグローバルオペレーションの展開、製品縫製事業の技術力向上と活用、ブランドビジネスの開発など中国内販市場への販売強化を進めていく。

経営管理手法、欧米・アジアでの生産・販売ネットワークを活用し、如意の企業価値向上に寄与する。

如意概要
会社名:山東如意科技集団有限公司
代表者:董事長邱亜夫
本社所在地:中国山東省済寧市高新区如意工業園
設立年月日:2001年12月28日
資本金:2.4億人民元(登録資本1.5億人民元)
事業内容:紡績・染色加工・服装の生産、綿・その他紡績原料の買付・加工・販売、企業投資・管理、自社製品の販売
売上高:143.7億元(約1,792億円/2010年12月期)

最新ニュース