ヤマト包装技術研究所/リターナブル包装資材がロジスティクス賞受賞

2011年08月30日 

ヤマトホールディングスは8月30日、グループのヤマト包装技術研究所が開発したリターナブル包装資材「Neco fit」シリーズの「FLIXタイプ12」が2011年日本パッケージコンテストで「ロジスティクス賞」を受賞したと発表した。

<Neco fitシリーズ「FLIXタイプ12」>
20110830yamato.jpg

「Neco fit」シリーズは、ヤマト包装技術研究所が独自に開発した「FLIX」という資材を使ったリターナブル包装資材。「FLIX」は、軽く柔らかいシート状の緩衝材で物品を包み、付属のポンプで緩衝材から空気を抜くことで物品を固定する。

約40秒で包装でき、緩衝材に空気を戻せば開封できる。包装する物品の形状や大きさに合わせてフィットする柔軟な成型機能と優れた緩衝機能を持つことから、ヤマトグループ内では「魔法のふろしき」と呼んでいる。

「FLIXタイプ12」は、カバン型の外装ケースで緩衝機能をさらに強化することで輸送中の衝撃・振動から大切な物品を二重に保護する上、スマートな外観やデザインにもこだわって開発したもの。最大39.5cm×28cm×5cmの物品を包装でき、ノートパソコンなどの精密機器を運ぶのに適している。

なお、「2011日本パッケージングコンテスト」とは、国内のパッケージ技術の最高水準を決定するもので、優れたパッケージングとその技術の開発普及を目的に、日本包装技術協会が毎年主催し、今回が第33回。入賞作品には「GPマーク」の使用が許可される。

最新ニュース