IDCJapana/2010年のSCMパッケージ市場、0.1%減

2011年08月18日 

IDC Japanは8月18日、国内のERP/SCM/CRMパッケージとBIツールの各パッケージ市場について2010年の実績と2011年~2015年の予測を発表した。

2010年の国内ERP/SCM/CRM/BIパッケージ市場規模は、2945億8000万円(前年比2.3%増)だった。

特に意思決定に絡んだ情報分析ニーズの高まりから、BIパッケージが6.1%増と大きく伸長する一方、円高に苦しむ製造業の投資回復が遅れたことから、SCMパッケージが0.1%減と2009年から市場を伸ばすことができなかった。

2010年~2015年のERP/SCM/CRM/BIパッケージ市場は、年平均2.2%増で推移するとIDCでは予測している。

2009年の歴史的な市場縮小を経て、ERP/CRM/BIパッケージ市場は2010年、回復基調に転じたが、東日本大震災の影響から2011年は再度市場規模が縮小するとみている。

2010年のERP/SCM/CRM/BIパッケージ市場全ての市場でSAPがシェア首位を堅持したが、2008年以降2年連続でマイナス成長となり、2位以下のベンダーとシェア差が縮まっている。

企業のERP/SCM/CRM/BIパッケージに対する本質的なニーズは、むしろ震災の影響で顕在化しており、電力不足が営業の足かせとなる2011年の種まきの成否が2012年以降のベンダー競争力を決定づけるとしている。

問合せ
IDC Japan
セールス
TEL:03-3556-4761
jp-sales@idcjapan.co.jp
http://www.idcjapan.co.jp

最新ニュース

物流用語集