SBSホールディングス/1月~6月の売上高3.8%増、営業利益69%減

2011年08月09日 

SBSホールディングスが8月9日に発表した2011年12月期第2四半期決算によると、売上高580億2200万円(前年同期比3.8%増)、営業利益5億1900万円(69.0%減)、経常利益2億9000万円(86.6%減)、当期損失4億7600万円(前年同期は当期利益13億6700万円)となった。

多くの顧客の生産・販売活動が、東日本大震災により停止や停滞に追い込まれたことなどから物流現場の稼働率は低位な水準で推移した。

物流事業は、前年度から今年度にかけてグループ入りしたVLロジネット、エイシーシステムコーポレイション、日本レコードセンターの3社の業績が加わったほか、新たな3PL業務が相次いで稼働するなど業容拡大に努めた。

この結果、売上高は539億2200万円となった。 営業利益は、大震災によって稼働率が大きく低下したことが響き、8100万円に留まった。

通期は、売上高1200億円(0.1%増)、営業利益27億円(36.6%減)、経常利益22億円(48.7%減)、当期利益13億円(39.3%減)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集