日新/4月~6月の売上高1.7%増、営業利益30.5%減

2011年08月08日 

日新が8月8日に発表した2012年3月期第1四半期決算によると、売上高429億3100万円(前年同期比1.7%増)、営業利益6億6200万円(30.5%減)、経常利益9億1500万円(18.8%減)、当期利益5億9100万円(19.1%増)となった。

輸出海上貨物は、欧州向けソーラー関連設備機器・部品の取り扱いが順調だったほか、治癒動く向け設備機器輸送が収益に寄与。しかし、東日本大震災の影響を受け、四輪完成車、CKDをはじめとした自動車関連部品の取り扱いは低調だった。

輸入海上貨物、製材・合板関係やミネラルウォーターの取り扱いが増加したのをはじめ、アパレル、雑貨、家具の取り扱いが堅調だったほか、乳製品の取り扱いが回復基調で推移した。

輸出航空貨物では、一部電子部材や自動車関連部品の取り扱いが低迷したものの、中国向けなどのスマートフォン関連電子部品の取り扱いが順調だった。

輸入航空貨物では5月からシーズンに入った北米発の青果・生鮮・食品貨物に加え、花卉、医薬品の取り扱いが順調に推移した。

通期は、売上高1820億円(3.7%増)、営業利益40億円(3.1%減)、経常利益41億円(5.9%減)、当期利益23億円(15.9%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集