大宝運輸/第1四半期の売上高2.2%減、営業利益56.8%増

2011年08月02日 

大宝運輸が8月2日に発表した2012年3月期第1四半期業績によると、売上高22億6200万円(前年同期比2.2%減)、営業利益7200万円(56.8%増)、経常利益7800万円(58.8%増)、当期利益4100万円(2187.5%増)となった。

前年同期と比較して輸送量と倉庫荷役量がともに減少したため営業収益は減少した。また、車輌の代替が少ないことにより減価償却費が減少したが、燃料費が増加した。また前年同期は貸倒損失を計上したが、今期は貸倒損失の計上がなかったため減収増益となった。

通期は、売上高95億円(2.4%増)、営業利益4億円(51.8%減)、経常利益4億円(46.7%増)、当期利益2億円(73.6%増)の見通し。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集