パナソニック/三洋電機の白物家電事業を中国ハイアール社に譲渡

2011年07月28日 

パナソニックは7月28日、子会社の三洋電機が、中国のハイアール社と家庭用・業務用洗濯機事業、家庭用冷蔵庫事業と、東南アジア4カ国の白物家電販売事業を譲渡することで合意したと発表した。

三洋電機の洗濯機事業と家庭用冷蔵庫事業はパナソニックグループ内の重複事業となっており、構造改革が必要な状況であったため、事業の継続による雇用維持の観点等からハイアール社への譲渡を決めた。

ハイアール社と合意した主な内容は、家庭用と業務用洗濯機を製造・販売している三洋アクア、家庭用洗濯機を製造している湖南電機の三洋電機が保有する株式をハイアールグループに譲渡する。

家庭用冷蔵庫を設計・開発しているハイアール三洋エレクトリックと家庭用冷蔵庫を製造しているハイアール・エレクトリック・タイランドの三洋電機が保有する株式をハイアールグループに譲渡する。

東南アジアにおいて、冷蔵庫・洗濯機などの製造・販売を行っている三洋HAアセアン(ベトナム)」、製造を行っている三洋インドネシア、販売を行っている三洋インドネシア販売、三洋フィリピン、三洋セールス・アンド・サービス(マレーシア)をハイアールグループに譲渡する。

ハイアール社に対し、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシアでの一定期間「SANYO」ブランドでの洗濯機・冷蔵庫を含む特定の白物家電およびテレビの販売を許諾する。

今後、2012年3月末までの段階的なクロージングに向けて、2011年9月末までに最終契約を合意締結する。

最新ニュース