三井物産/シンガポールの港湾開発・運営会社を公開買付け

2011年07月13日 

三井物産は7月13日、シンガポール証券取引所上場企業である Portek International Limited(以下Portek)の全普通株式を対象とした公開買付けを実施すると発表した。

三井物産は本公開買付けにより、優れた技術と港湾運営ノウハウ、経験豊富な人材と安定した事業基盤、港湾ターミナル運営事業資産の獲得を享受できるメリットに挙げている。

今後同社は更に、アジア、中南米、アフリカ等の新興国を中心に、物流インフラ事業へ参入することで、物流ネットワークの一層の拡大を目指す。

Portek 社は、既にインドネシア、アルジェリア、マルタ、ガボンにて7つの中規模コンテナターミナルや多目的港湾ターミナルを、ルワンダでは ICD(Inland Container Depot と呼ばれる内陸のコンテナターミナル)を運営・管理している。従って、本公開買付けによるこれらの資産獲得は、三井物産の物流インフラ事業における成長戦略の具現化を加速させるものと考えている。

なお、本公開買付けにおいては、Portek 社の大株主である創業者等が保有する株式 7826万7050株(発行済株式総数の 51.3%)について、本公開買付けに応募する旨の同意を得ている。

三井物産は本公開買付けを通じて Portek 社株式を非上場化することを意図しているが、本公開買付けの結果等の諸状況により、その方針は変更される場合がある、としている。

最新ニュース