トヨタ自動車/トヨタ車体と関東自動車の完全子会社化と3社統合で合意

2011年07月13日 

トヨタ自動車は7月13日、子会社であるトヨタ車体、関東自動車工業、セントラル自動車、トヨタ自動車東北は、子会社化と統合に関し、それぞれに合意したと発表した。

トヨタ自動車によりトヨタ車体と関東自動車工業を完全子会社化する(2012年1月)。

また、関東自動車、トヨタ自動車東北、セントラル自動車の3社統合協議(2012年7月目標)となっている。

今回の合意による新しい体制は、トヨタグループ各社の強みを最大限に引き出し、グループの総合力を高め、「日本のモノづくり」を強化するものになると考えている、としている。

完全子会社化するトヨタ車体、関東自動車の「専門性強化」に向けた新たな役割については 、「トヨタグループの車両メーカーは、これまで全世界に向けたトヨタ・レクサス車展開のために、主に個々の車両ごとの開発や生産を中心にトヨタと連携・協業するという役割を担ってきた。

今後は、各社がこれまで得意としてきた車種を中心とした領域で、企画・開発・生産を一貫してそれぞれ主体的に担当していく」としている。

関東自動車、セントラル自動車、トヨタ自動車東北の統合協議については、「中部」、「九州」に次ぎ、「東北」を「トヨタ第3の国内生産拠点」とするために、関東自動車、 セントラル自動車、トヨタ自動車東北が統合する方向で協議を開始する。

国内生産体制の3極化を更に強固にし、自立性を高めていくことが、日本におけるモノづくりを一層強化するとの判断に基づき、統合により、コンパクト車の企画・開発から生産に加え、ユニット部品の生産、海外事業支援業務 まで含めた総合車両メーカーへの発展を目指すとした。

最新ニュース

物流用語集