国交省/2010年度宅配便取扱個数32億、前年対比で2.6%増

2011年07月12日 

国土交通省は7月12日、2010年度の宅配便の取扱い実績を発表し、32億1983万個であった(うち、トラック運送31億9329万個、航空等利用運送2654万個)。

前年度と比較すると、8289万個、2.6%の増加となり、3年ぶりに対前年度増加となった(うち、トラック運送8553万個・2.8%増、航空等利用運送264万個・9.0%減)だった。
 
便名ごとのシェアをみると、トラック運送は、上位6便が全体の99.5%を占めており、さらに「宅急便」、「飛脚宅配便」、「ゆうパック」の上位3便で90.5%を占めている。

また、航空等利用運送についても、「飛脚航空便」、「宅急便タイムサービス」及び「スーパーペリカン便」の上位3便で全体の68.9%を占めている。
 
2010年度の宅配便(トラック)取扱個数については、インターネットなどを利用した通信販売、商品開発による需要拡大や各社の営業努力による新規需要開拓などにより前年度を上回った事業者もあることから、全体の実績として増加となっている。

航空等利用運送については、大手事業者が宅配便扱いから一般航空貨物扱いに注力したこと等により、昨年に引き続き荷量が減少となった。一方で、インターネットを利用したオークション等の需要拡大や営業努力により前年度を上回った事業者も見られる。
 
2010年度のメール便取扱冊数は、52億4264万冊であった。これを前年度と比較すると、1億986万冊、対前年度比2.1%の増加となっている。メール便のシェアをみると、「ゆうメール」と「クロネコメール便」の上位2便で、94.1%を占めている。

最新ニュース

物流用語集