三菱重工/次世代型LNG船を開発

2011年07月12日 

三菱重工業は7月12日、次世代型LNG(液化天然ガス)運搬船として、球形タンクを搭載するMOSS(モス)方式を進化させた「さやえんどう“EXTREM(エクストリーム)”」船型の開発を完了したと発表した。。

<次世代型LNG船「さやえんどう“EXTREM”」>
20110712mitsubishig.jpg

タンクを船体と一体化した連続カバーで覆うことで船全体の構造を効率化し、軽量・コンパクト化を実現。これにより燃費を改善し、経済性を向上、ターミナルへの適合性やメンテナンス性を高めている。LNG船分野をリードする戦略製品として、早期受注を目指す。

今回基本設計を終えたタイプは長さ288.0m、幅49.0m、深さ26.0m、喫水11.5mで、総トン数13万8,000トン。球形タンクは4基搭載し、LNGタンク総容積は15万5,000m3となっている。このほか、今後高まってくるNew Panamax型などの需要にも対応する。

最新ニュース