日本オラクル/中堅企業向けERPをクラウドサービス開始

2011年07月12日 

日本オラクルは7月11日、ERP製品「JD Edwards EnterpriseOne」をパートナー企業と協業してクラウドサービスで展開すると発表した。

JD Edwards EnterpriseOneをオラクルのミドルウェア製品とデータベース製品を基盤にしたクラウドサービスで運用することで、ERPシステム全体を最適な環境で提供することが可能になる。

年商100億円以上の企業向けサービスとして、「JD Edwards EnterpriseOne」に対応したオラクルのクラウドサービス「OracleOn Demand」を「JD Edwards EnterpriseOne On Demand @Oracle」として提供する。

なた、パートナー企業のデータセンターに「JD Edwards EnterpriseOne」のシステムを構築し、ユーザーごとにプライベート・クラウド形式で提供することも支援する。

年商100億円未満の企業には、パートナーによるクラウドサービスの提供を支援するプログラム「JD Edwards EnterpriseOne BPO プログラム」を展開し、「JD Edwards EnterprisOne」の会計、販売管理、生産管理や在庫管理などERPの機能をクラウド形式で利用可能となる。

今回のパートナーは、アクセンチュア、イデア・コンサルティング、エクサ、NS・コンピュータサービス、ジェクシードコンサルティング、新日鉄ソリューションズ、TIS、東芝ソリューション中本・アンド・アソシエイツ、日本アイ・ビー・エム、パシフィックシステム、富士通中部システムズ、富士通マーケティング、ワイ・ディ・シー。

最新ニュース