スズキ/二輪車事業を浜松市内に集約、投資額500億円

2011年07月11日 

スズキは7月11日、静岡県浜松市都田地区工業団地の土地を購入し、二輪車と次世代環境車の開発、設計を行う都田技術センター(仮称)、二輪車のエンジンの組み立てを行う都田工場(仮称)を新設すると発表した。

国内の二輪車事業の拠点を再編し、オートバイの町、浜松市に開発から生産までの事業を集約する。投資額は500億円。

スズキが購入するのは、浜松市都田地区の工業団地の北ブロック(約9万1000㎡)と南ブロック(約17万7000m2)で、浜松市が開発した北ブロックには「都田技術センター(仮称)」を建設する。

現在の二輪技術センター(静岡県磐田市)の二輪車開発、設計部門を移管するほか、本社(静岡県浜松市南区)のEV、ハイブリッド車など次世代環境車の開発部門も移管する予定で2016年の稼動を目指す。

また、静岡県が開発した南ブロックには「都田工場(仮称)」を建設し、2017年より稼動する予定である。同工場では、二輪車のエンジン組み立てを計画しており、次世代環境車等の生産も検討する。

スズキは、2011年3月に発生した東日本大震災の教訓を基に、同社拠点が集中する東海地区で想定されている東海地震発生時のリスク分散化として、国内の二輪車事業の拠点を再編するとともに、開発から生産までを浜松市内に集約することで効率化させる。

■浜松市都田地区工業用地建設計画の概要
北ブロック
事業所名称:都田技術センター(仮称)
地積:9万1167㎡
建築面積:1万4820㎡
稼動予定:2016年8月
事業内容:二輪車、環境車の開発、設計、試作モーター、燃料電池等の開発、開発車両試験

南ブロック
事業所名称:都田工場(仮称)
地積:17万7000㎡
建築面積:5万9380㎡
稼動予定:2017年5月
事業内容:二輪車エンジン部品の製造、組立、次世代環境車等の組立

最新ニュース