国分/物流子会社を統合

2011年07月04日 

国分は2012年1月1日を目途に、物流子会社を統合する。

国分ロジスティクスに国分フードクリエイトの低温物流事業を統合し、国分ロジスティクス低温物流部(仮称)として、首都圏の低温物流の中核を担う。

国分ロジスティクスは、大型汎用センターの庫内作業を担う会社の位置づけ。同社によると、「これまで、庫内作業は外部委託していたが、今後はグループ企業で庫内作業を担う体制を目指す。配送業務については引き続き外部委託を活用していく」という。

同社が進める首都圏の低温事業統合に伴う施策の一環。低温事業強化のため、3年内を目途に、現在の船橋日の出センターに次ぐ、低温の大型汎用センターを埼玉、西東京、神奈川に設置する計画だ。

最新ニュース

物流用語集